お客様との喜びの写真、動画の数が実績

山梨甲府整体院

国母駅から車で5分
南甲府署から車で5分

住 所
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

山梨甲府整体院のブログ

痛みを改善するにはこれまでとは何かを変えることが必要

施術だけで長年の痛みを改善することはできません。 なぜなら、これまでの治療に対しての考え方と行動が間違えた方向に進んでしまっている結果として今があるからです。 例えば、 ・動かすと痛いからコルセットやサポーターで固定することが本当に身体を良くすることになるのか? ・痛みの原因は人それぞれにも関わらず、テレビや友人に聞いた体操やストレッチがあなたにも有効なのか? ・年齢や体重、運動不足といった大雑把なことを痛みの理由にしてしまって良いのか? 以上のように、施術だけでなく、あなた自身の考え方と行動から変えていく必要があります。 これまでと何かを変えるということには抵抗があるはずです。 しかし、良いと思ってやってきたこと、これまでやってきた治療の結果、良くなってないから今このブログを読んでいるということが事実があるはずです。 考え方と行動という過程を変えることで痛いという結果は変わります。

当院は一発屋ではありません

山梨県には昔から「一発屋」と呼ばれる整体があります。(20〜30年前は全国的にも有名でした。) その影響からか、 整体=その場で治してくれる とイメージされている方が非常に多いです。 確かにぎっくり腰や、痛くなってからの経過が数日のような症状はすぐに良くなります。 しかし、何年も痛い、手術を勧められているような症状が良くなるには施術の回数や期間が必要になります。 (病気や怪我、歯の治療もそうですよね。) 治療を重ねていきながら経過を見ていくこと、身体の変化に合わせて治療を見直していくこと、生活習慣を改善していくこと。 その場の痛みだけじゃなく、これらも含めて良くするために進めていくことが本当の意味で「治った」になると当院は考えています。 そのため当院は一発屋を目指していません。 一発屋をお探しの方は他をお探し下さい。

画像だけで痛みの原因が判断できない理由

慢性的な痛みにはレントゲンやMRIだけで痛みの原因を判断することはできません。 なぜなら、慢性的な痛みは多くの場合、 ・動かすと痛い ・動かさなければ痛くない (動かさなくても痛いということも当然あります) という特徴があります。 動かすと痛い、動かさなかったら痛くないということは、動作の中に痛みを出す原因があるということです。 なのに痛みの出ない状態で撮影する画像で本当に原因が分かるのでしょうか? 動きのない画像を見て、 「関節の隙間が狭い」、「軟骨がすり減ってる」、「骨が変形してる」              ↓          「だから痛いんです。」 では短絡すぎではありませんか? 中年以降になったら隙間が狭くなるのも、軟骨がすり減るのも、変形するのも当然です。(皮膚も筋肉も衰えるのに骨は20歳のまま変わらないと思いますか?) 痛みの原因は構造の問題ではありません。 歩いてるとだんだん痛くなるのであれば、歩き方に痛みを強くする原因があるだろうし、車の乗り降りで痛いなら、その動きの中に原因がある。 体の使い方に痛みを強くする原因があるということ。 その原因を見つけて、そこを改善していってあげればいい。 構造は変えられなくても、体の使い方は変えることができます。  

整体を受ければすぐに良くなると思っていませんか?

「ゴッドハンドの整体を受ければ良くなる」 「私に合った整体を受ければ良くしてもらえる」 「私の辛い症状をその場で取ってくれる」 整体は特別なものだと期待されている方が非常に多いです。 しかし、注射も薬も効かない、何ヶ月、何年も続いている症状が簡単に良くなるはずがありません。 体には「恒常性維持機能」という働きによって状態を一定に保っているからです。 例えば、 ・体温が平熱に保たれる ・血圧が一定に保たれる ・切り傷ができても自然に元どおりになる このように正常な状態で保たれればいいのですが、痛くなってからの経過が長い場合には、その悪い状態でその場しのぎとして保たせようと働いてしまいます。 そのため、注射や薬、施術によって一時的に症状が軽減してもすぐに戻ってしまったり、効果が出ないという結果になってしまいます。 整体を受けてもすぐに良くならないのはこのためです。 だからこそ、良い整体を受ければ早く良くなるんじゃないかと期待するのではなく、 どうすれば良くなっていくのか? 何で今まで良くならなかったのか? を考えて、それに基づいて長期的な目で先を見ていくことが大事になります。 急がば回れで、この方がトータルで早く良くなって、再発を予防することもできるようになります。 この考え方に共感できる方を当院は応援しています。

何で良くならないのか?考えたことがありますか?

「年のせいだから・・・」   「太ってるから・・・」    「運動不足だから・・・」    このように安易に説明されてしまうことが多いようです。 でもこれ・・・ただの想像ですよ。 80代で元気な人もいますよね? 太ってる人がみんな痛くなる? 運動しなくても健康な人いませんか? 納得しやすい理由で思い込んでいるだけです。 自分の大事な身体のことを安易に考えてしまって良いのですか? 想像ではなく、事実を元に症状と向き合うこと。 これが痛みを改善するためのスタートです。

〇〇で良くなったという甘い言葉に飛びついていませんか?

「ストレッチやれば良いんですか?」 「この運動が良いって聞いたんだけど」 皆さん、これをやれば〇〇の痛みが取れるんじゃないかと考えてますが、ここが違います。 膝が痛いと言っても痛みの原因は人それぞれです。 だから誰にでも効果がある体操、ストレッチ、運動、筋トレなんかあるはずありません。 何が効果があるのかを探すことよりも、何が悪いのかを考えたことがありますか? 体重? 年齢? 運動不足? これらは痛みの原因ではありません。 何キロ以上になったら痛くなるという統計上のデータがあるのか? 何歳以上になったら痛くなるというデータがあるのか? 運動不足って何が基準? こんな曖昧なことを痛みの原因にしてはいけません。 ただの想像です。 もっと症状のこと、身体のことを細かく見ていくことで何が悪いのか?本当の原因が見えてきます。 「〇〇で良くなった!」という甘い言葉に飛びつかないで。

大多数のヘルニアは痛みと関係ありません

公益財団法人日本医療機能評価機構が発表している腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドラインによると、 「画像上の椎間板ヘルニアは多くの無症状の成人に見られる所見である」 「MRIをはじめとする高度医療装置の普及で無症状椎間板ヘルニアを目にすることが珍しくなくなった」 とあります。(ネットで検索すれば見ることができます) つまり、ヘルニアが見つかってもほとんどの場合で痛みとは関係ないということ。 これを国が認めているということです。 ヘルニアと痛みは関係ないんだから他のことが原因で痛いということです。 (あくまでも大多数の場合。手術が必要なケースもあります) だったらほとんどの場合で手術の必要はないということになります。 痛みの本当の原因に対して施術していけばいい。 「ヘルニアだから痛い」との解釈と 「ヘルニアはあっても痛くない、だからあっても関係ない」との解釈では、原因と考えているものが違うため、アプローチの方法も全く別物になっていきます。 ヘルニアと診断されてなかなか良くならない方は、ヘルニアに対しての考え方を変えて、アプローチの仕方も変えてみるといいと思います。

この症状には〇〇するだけでOK・・・そんな訳ない

「膝の痛みにはこの体操をすれば良くなります!」 「腰の痛みにはこのストレッチをするだけ!」 痛みに悩んでいる方は飛びついてしまうタイトルですが、そんな体操やストレッチ、治療法はありません。 なぜなら「〇〇をすれば良くなる」というのは症状に対しての対処法でしかありません。 対処法だからその場は良くなるかもしれません。 しかし、「症状が出る原因」をそのままにしていたらまた繰り返してしまいませんか? 症状は結果でしかありません。 症状という結果を変えるためには、原因を改善すること。 慢性的な症状には原因が必ずあります。 痛いという結果に目を向けるのではなく、何で痛くなるのか?という原因に目を向けること。 これができれば、「〇〇が効く!」という謳い文句に飛びつかなくて良くなりますよ。  

その場しのぎの治療を続けていませんか?

・痛いから痛み止め、注射 ・痛いからコルセット、サポーター ・痛いから安静 ・痛いから動かさない これらで良くなっているのであればそれでも構いません。 しかし、良くなっていないのに続けているのであれば、それはその場しのぎにしかなっていないのではありませんか? その場しのぎを続けていたら、気付いた時には悪化していたということがよくあります。 その場しのぎの治療は良くするためのことではなくて現状維持をするためのことだからです。 現状維持を望む方はそれでもいいかもしれません。 ですが、多くの方は「治すこと」を望んでいるはずです。 現在の医療機関では冒頭に書いた、 「痛みを出さない、痛みを抑えるためのその場しのぎの治療」 が主体になっています。 この治療法が必要なのは急性の怪我(骨折、捻挫、打撲など)の場合です。 数ヶ月、数年も続く慢性的な症状にこの治療法が適していないということは、この記事を読んでいる方は実感されていることと思います。 慢性的な症状には、それに適した治療法が必要ということです。

痛みが無くなることが治ったことではない

「この痛みを取って下さい」 「痛みが取れればいいんです」 当院に初めて来院される方は皆さんこのようにおっしゃいます。 しかし、痛みが無くなったから治ったではありません。 痛くないからOKではありません。 なぜなら、人は本能的に痛みを避けて行動しようとするため、痛くないように誤魔化すことができてしまうからです。 例① 正座をすると膝が痛い人は正座をしなくなります。正座をしなければ痛みが出ないため、「痛くないから治った」と認識してしまいます。 例②  15分歩くと足が痛くなる人は、痛くなるのが分かってるので、それ以上歩かなくなります。痛みが出ない時間で歩いてるから「痛くないから治った」となってしまいます。 (もちろん、痛みは色々な場面で出るので、こんなに単純ではありませんが) このように、痛みが出ることをしないようにすれば痛みを感じなくさせることができてしまうのです。 では、何をもって治ったとするのか? 出来なかったことが出来るようになることです。 ・正座ができるようになった ・15分歩いても足が気にならなくなった ・旅行に行けるようになった ・台所に1時間立ってられるようになった ・ウォーキングが再開できるようになった このように、痛くて出来なかったことが出来るようになったということを増やしていくことが本当の意味で治ったということです。

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

施術1回 通常 7,000円

初回限定

2,980円

お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2072 055-209-2072

営業時間 午前9:00〜20:00

山梨甲府整体院

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2072 055-209-2072

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP