お客様との喜びの写真、動画の数が実績

山梨甲府整体院

国母駅から車で5分
南甲府署から車で5分

住 所
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

山梨甲府整体院のブログ

坐骨神経痛にストレッチは効果ある? 甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛

坐骨神経痛の人がストレッチしたら悪化します 坐骨神経痛にストレッチ 太ももや、ふくらはぎに突っ張りや痛みがあるとその部位をストレッチする方はとても多いです。筋肉がこわばる感じがするので、伸ばしたくなるのですが、その部位が原因で痛みや突っ張りが出ているわけではないので、その部位をストレッチすることに効果はありません。 多くの場合は腹部や臀部に原因があります。 この坐骨神経を圧迫している原因を改善することが治療になるわけですが、痛みや突っ張りが出ると「筋肉が硬いからだ。ストレッチしなきゃ」と思い込み、一生懸命ストレッチしてますます悪化させてしまうケースが多いです。 また、痛いところや痺れるところを叩いたり、揉んだりしがちですが、一時的には楽になるのかもしれませんが、それで症状が改善することはありません。 坐骨神経痛の原因 ・筋肉が硬くなっている(腹部、臀部) ・骨盤のゆがみ これらの結果として足に症状が出ているということです。 坐骨神経痛治療の考え方 坐骨神経痛はこれまで積み重ねてきた体へのストレスが原因ですので、安静にしても痺れや痛みの症状は緩和されることはありません。 この体へのストレスを作っている原因を改善し、坐骨神経痛を引き起こしている体の原因部分を治療、セルフケアとして正しく歩くことをしていくことで、体へのストレスが少なくなり、症状が改善していくようになっていきます。 まとめ ・症状の出ている足にストレッチをしても効果はない ・それよりも症状を引き起こしている原因を改善すること ・体へのストレスを減らすことが、症状改善するために必要

坐骨神経痛で治療院をお探しの甲府市の方へ

    • 坐骨神経痛
    • 脊柱管狭窄症
    • 腰椎椎間板ヘルニア

当院の施術で坐骨神経痛が改善して行く理由 坐骨神経痛とは お尻から足裏にかけて、痛みや痺れが出る症状です。 お尻だけの人もいれば、ふくらはぎだけに出る人もいます。 坐骨神経痛は主に腰痛が悪化した後に出ることが多いです。 坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症のように腰に原因がある場合と、梨状筋症候群のようにお尻に原因がある場合がありますが、病院でこれらが見つからなかった場合には、どこに原因があるかが特定できないため、「痛み止めと安静」が指導されます。 坐骨神経痛は安静では良くなりません 坐骨神経痛は腰痛が徐々に悪化していくと出てくる症状です。 腰痛の原因である椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は急に見られる症状ではなく、腰痛が悪化していくと出てくる症状です。 つまり、最初のきっかけとしては腰痛が最初にあり、その積み重ねとして坐骨神経痛に進行するということです。 このように少しずつ積み重ねてきた症状ですので、安静にしていても良くなりません。 当院の坐骨神経痛治療 体の使い方、生活スタイルを見直す 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症もそうですが、腰に負担のかかる体の使い方、生活スタイルが原因としてあるので、ここを腰に負担の少ない方法に改善すること。 これをしなければ、どんな治療をしても元に戻ってしまいます。 原因となっている体の部位を調整 痛みのある腰やお尻から足をマッサージ、ストレッチしても、それは原因部位ではなく、原因の結果として出ている症状ですので、そこを治療していても良くなることはありません。 原因となっている部位を探し出し、(主に腹部、骨盤、足)ここを治療していくことが必要です。 知らず知らずのうちに負担をかけていること 腰痛、坐骨神経痛を改善するために、良いと考えてやっていることが実は負担をかけているというケースが非常に多いです。 例えば、歩き方、立ち方、座り方、ストレッチ、体操、運動・・・ 何が正しいのかわからなくて当然です。 本当に正しいやり方に変えていきましょう。 まとめ ・坐骨神経痛は普段の生活の積み重ねの結果として出たもの ・その生活スタイルを見直すことと、体の使い方を改善することが坐骨神経痛治療に必要なこと

甲府で足のしびれが治らないあなたへ

    • 坐骨神経痛

検査をしても異常がない   腰も痛くないのに足がしびれる 足のしびれは腰から来る? 腰が原因で足にしびれが出ることは多くあります。 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、変形性腰椎症… などが診断される傷病名です。 病名がついたとしても、それが原因でしびれるとは限りません。 もし、病名が原因でしびれていうのであれば、ヘルニアに、脊柱管狭窄症に、すべり症に、変形性腰椎症になった直後にしびれるはずです。 本当にそうでしょうか? しびれたから検査したら、たまたまヘルニアが見つかっただけ、そういうことですよね。 原因が見つからない場合も MRIで検査をしても異常が見つからないのに、足にしびれが出るケースも多々あります。 この場合は何が原因でしびれているのでしょうか? 筋肉です。 全身のどこかの部位で筋肉が血管や神経を圧迫することによってしびれが出ているということです。 このようなケースの場合は、レントゲンやMRIではJ筋肉の緊張状態は見ることができませんので、検査をしても異常なしと診断されてしまいます。 足のしびれの場合には、腰で神経や血管を圧迫するということよりも、臀部、股関節で圧迫されて、足の症状に関連する場合が多いです。 そうすると、足のしびれは腰からきているからという理由で、無駄に腰を治療することもなくなるはずです。 まとめ ・何か診断名を受けたとしても、その診断によって足にしびれが出るとは限らない。 ・診断名がつかない場合でも、神経や血管を筋肉が圧迫することがしびれの原因

坐骨神経痛は運動した方が早く治ります 甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛になったら歩きましょう 安静にしていては再発します 坐骨神経痛になっても大抵は数日から数週間安静にしていると痛みは減ってきます。 しかし、安静にして良くなった坐骨神経痛は、またこれまでと同じような生活をしていれば再発してしまいます。 坐骨神経痛は生活習慣が原因です。 原因を変えなければ、また同じ結果になってしまいます。 その生活習慣を見直すこととともに、坐骨神経痛を再発させない体づくりをしていく必要があります。 坐骨神経痛を治すのに必要なのは歩くこと 坐骨神経痛に限らず、腰痛でも膝痛でも当院では、姿勢と歩き方を必ず練習していただき、毎回の課題として取り組んでいただきます。 きれいな姿勢が悪い姿勢 姿勢には意識して気をつけている方が非常に多いのですが、その姿勢の意識が坐骨神経痛を作っています。 猫背にならないように、胸を張って、背筋を伸ばして、腰が丸くならないように… こうやって頑張るから坐骨神経痛になるのです。 歩き方は意識していますか? 座っている時の姿勢は意識している方が多いですが、歩き方を意識されている方はとても少ないです。 歩いている方はとても多いのに、もったいない。どうせ歩くなら正しい歩き方を意識して歩きたいですね。 まとめ ・坐骨神経痛を早く治して、再発させないためには、正しい姿勢であるいて、再発させない体作りをすること ・正しい姿勢でしっかり歩けなけば、他の運動は意味がありません。 ・痛いところをストレッチしても良くなりません。すぐにやめましょう。  

あなたの坐骨神経痛が治らない理由を紹介します

    • 坐骨神経痛
    • 腰痛

30年来の腰痛が20分の施術で改善しました。なぜか…施術ではなく腰痛を理解できたからです 20代の頃から腰痛と坐骨神経痛、頭痛が常にある 50代 男性 何かきっかけがあるわけでもないそうですが、30年以上、常に腰痛、お尻から足にかけての痛み、頭痛があるという方。 病院や整体、カイロ等にも良いと聞けば東京でも行って治療するが、すぐに戻ってしまうため、半ば諦めていて、気休め程度に近所の整骨院に行ってマッサージをしてもらっている。 自分でも姿勢に気をつけ、ストレッチを欠かさずやっていらっしゃるので、諦めているとは言いながらも、努力されている意識の高い方です。 なぜこの方はどこに行っても治らなかったのか 施術を開始してから5分程度で 「楽になってきたのが分かります」 とおっしゃっていました。 何がこれまでと違ったのでしょうか? 痛みの原因が理解できたこと これまで何軒もの病院で検査しても異常なし。 整骨院や整体でも納得できる説明を受けたことがなかったそうです。 当院では必ず症状が出ている原因を患者様と一緒に考えていきます。これがわからなければ、何をしても対症療法にしかなりません。 この方の原因は高すぎる意識からくる体のくせにありました。 これがなぜ原因なのか、なぜ悪いのかを体験してもらいながら説明し、納得していただいたことが、体に大きな変化が出た要因です。 日常生活を見直さなければ治りません 治療はもちろん大事ですが、それ以上に日常生活を見直すことが大事です。 治療に1時間かけたとしても、残り23時間をこれまで通りの生活をしていたら治るはずはありません。 僕がお伝えしたことはこの2つです。 治療だけで体を変えようとすることなどできない 深く悩んでいる患者様はご自分で努力されています。 その努力の後押しをしてあげることが、最も必要な治療技術だと思います。 この方が体に大きな変化を実感できたのは、この2つを理解していただいたからです。

腰椎すべり症と診断された方へ 山梨県甲府市

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア
    • 腰痛

腰椎すべり症と診断されても、痛みの原因は違つところにあるかもしれません 腰椎すべり症とは? すべり症と診断される方は特に年配の方に多いと思います。 慢性的な腰痛の代表的な疾患です。 なぜ年配者に多いのか 腰椎の関節をつなぐ靭帯組織や椎間板の劣化に伴い腰椎がずれてきてしまうため、腰に痛みが出ると言われています。 年齢が若ければ靭帯も丈夫で柔軟性もあり腰椎がすべりそうになっても、すぐに元に戻ることができますが、加齢によって柔軟性がなくなり、元に戻ることができなくなってしまうのです。 腰椎すべり症の症状 ・前かがみになると、腰のつっぱり感、腰の不安定感 ・長時間立っていると、腰やお尻の痛み、足にしびれが出る ・長時間座っているとお尻が痛くなる 腰椎すべり症でも症状が何も出ない 腰痛がない健康な人のレントゲンを撮ると、多くの方にすべり症が見つかると言われています。 つまり、すべり症があるにも関わらず症状が何もない方がたくさんいるということです。 これは一体どういうことなのでしょうか? すべり症=腰痛ではない すべり症と診断されても、腰痛や足のしびれがすべり症からきているものだとは必ずしも言い切れないということ。 すべり症と診断され、手術を受けたにも関わらず症状が改善されていない方というのは、すべり症が原因の腰痛ではなかったということではないでしょうか? もちろん手術が必要なすべり症のケースもあると思います。 しかし、手術をする前に当院に来て治療を受けていただきたい。そうすれば手術を避けることができるかもしれません。 腰痛の原因を画像だけで判断しないでほしい 腰痛の原因は本当に様々です。 病院でも検査はとても大事です。 しかし、それだけで判断するのはとても危険です。 まとめ ・すべり症があってもそれが原因で症状が出ているとは限らない ・当院では、すべり症を含む腰痛、膝痛、坐骨神経痛を専門で治療しています。手術を受ける前に一度ご相談ください

お尻の中が痛い甲府市のあなたへ

    • 坐骨神経痛
    • 脊柱管狭窄症

歩くとお尻の中が痛い。腰は痛くないんだけどこれって何? 両側のお尻の膨らみの中が痛いんです 40代 女性  以前から腰痛があり、脊柱管狭窄症との診断を受けていたそうですが、今回の検査の結果では、 「分離すべり症」 との診断で痛み止めと湿布を処方され、リハビリに通って下さいとのこと。言われた通り週2回、リハビリに通ったが特に説明もなく、改善もしなかったため行くのをやめた。 その後、近所の整骨院に通ってみるが、流れ作業のように電気とマッサージをするだけで、良くなりそうな感じもしなかったため、知人の勧めで当院にいらっしゃいました。 どんな時にお尻が痛むのか? ・掃除機をかけると痛くなる ・階段の上り下り ・歩くとお尻から太ももの裏が痛くなる 痛みの原因は? 痛みが出ていたのはお尻の深部にある梨状筋のため病名でいうと 「梨状筋症候群」 が考えられました。 しかし根本的な原因を考えるのであれば、注目するのは痛みの出ている梨状筋ではなく、なぜ梨状筋に痛みが出ていたのか? この原因は骨盤のゆがみ、骨盤が前傾している状態でした。 腹部の筋肉が緊張しているために、骨盤を前傾させ、その傾きのためにお尻の梨状筋が常に引き伸ばされている状態だったのです。 なので、施術はお腹の筋肉、骨盤を調整することが目的になります。 施術後、立っていただくと痛みは半減していました。 その後2回来ていただき、自宅では毎日歩くことも続けていただいたことで、1時間歩いても痛みが気にならなくなりました。 まとめ ・お尻が痛くても、根本的な原因は他にある ・急性期を除けば歩くことは必須。安静では良くならない

立っていると腰が痛く、足がしびれてくる甲府市のあなたへ

    • 坐骨神経痛
    • 腰痛
    • 膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症)

立っているだけなのに腰が痛くなってきて、足がしびれる。この原因はここ 腰が痛くなって5分も立っていられない 50代 男性 立っているだけなら5分、歩くと少し良くて15分もすると腰が痛くなってきて、足の外側にしびれが出てくるという方です。 腰のレントゲンでは異常なく、座っていれば何ともないほど。 腰を動かしてもらっても特別な所見はなく、やや前屈が動きにくい程度。 そこで気になったのが腓骨 すねの外側にある腓骨という骨が左右で比べると片側が下がっている感じが。 仰向けになってもらうと、足の小指側が下に傾くような形になっている。 この腓骨が下がった状態になると、腓骨につく太ももの裏側の筋肉が引っ張られます。 この太ももの裏側の筋肉は骨盤につながっているため、骨盤を下に傾けるように引っ張ります。 そうなると、骨盤につながる腰の筋肉を引っ張るようになるため、腰の可動域に影響が出て腰の痛みに関連してきます。 ですので治療としては、腓骨の位置を元に戻してあげるように調整していきます。 靴も大事 この方のように腓骨が下がって、足の外側に荷重しやすい方は、靴底の外側がすり減っていきます。 このすり減った靴を履いているということは、常に傾いた地面に立っていることと同じ状態です。これでは、体がゆがんでしまいますよね? 靴底がすり減ってきたら取り替えましょう。 歩き方も大事 座った時の姿勢は意識しても、歩き方を意識される方は少ないと思います。 腰が痛い、坐骨神経痛、膝が痛いという方はみなさん、歩き方が悪いです。 痛いからかばった歩き方をして、変な歩き方になっているはずですが・・・ かばった歩き方をしているのは、痛い方だけです。 痛くない人はかばって歩きません。 つまり、痛いからかばうだけでなく、かばうから痛いということもあるということです。 もし痛くない人が、かばった歩き方をしていたらどうなりそうですか? 痛くなりそうですよね? まとめ ・すねの骨も腰痛の原因になることがある ・すり減った靴を履いているとゆがみを助長する ・かばった動きをすることで痛みを自分で作っている

甲府整体院誠で坐骨神経痛が改善する理由

    • 坐骨神経痛

坐骨神経痛治療で必要なこと 坐骨神経痛になる原因 ・腰椎椎間板ヘルニア ・脊柱管狭窄症 ・脊椎分離すべり症 ・梨状筋症候群 などが原因になると言われています。 椎間板ヘルニアは年齢別では30代〜40代に多いと言われています。以外に若い人が多いんです。 50代〜60代以降になると腰部脊柱管狭窄症が増えてきます。 脊柱管狭窄症とは背骨の中が狭くなることで、背骨の中を通る神経を圧迫して症状が出るとされています。 狭くなる原因が重要な問題です。 ・背骨をつないでいる靭帯が骨のようになってしまって狭くなる ・長年の不良姿勢によって骨が変形して狭くなる などいろいろな原因で脊柱管狭窄症になります。 (MRIで脊柱管狭窄症と診断されても、それだけが原因ではない場合も多いです) 坐骨神経痛の症状 痛みは太ももの後ろ側が強く、膝裏から外側を通って外くるぶしがしびれるケースが多いです。 多くの坐骨神経痛は横になっているとしびれ、痛みが症状が楽になることが多いので、安静にしがちですが、安静にしていても再発したり、治りが遅くなることがあります。 坐骨神経痛治療で必要なこと 坐骨神経痛に限らず、慢性的な痛みが治らない原因として、脳の誤作動が起こっていると言われています。 これは「心理的なもの」という単純なことではなく、正しい知識を知らないことにより、必要以上に不安を感じてしまうということです。 脳が不安を感じるとどうなるか、痛みを感じやすくなること、不安から身を守るための行動として、必要以上にかばう動作が出てしまいます。 無意識にしてしまうかばう動作は、実は通常で考えれば、余計に体に負担をかけてしまう動作です。 例 腰が痛くなると腰を丸めて痛みが少ないようにしますよね?   でも、この腰を丸めた姿勢を痛みがない人が続けたらどうなりそうですか?   そうです。余計に痛くなりますよね?でも無意識にしてしまうのです。 このような間違った動作、意識を変えていかなければ、坐骨神経痛は改善しません。 ですので、カウンセリングが重要になってきます。 まとめ ・坐骨神経痛は安静にしても治らない ・必要以上の不安が脳の誤作動を起こし治るための妨げになっている

腰は痛くないのに足のしびれが気になる甲府のあなたへ

    • 坐骨神経痛
    • 脊柱管狭窄症
    • 腰椎椎間板ヘルニア

腰はそんなに痛くないのに足がしびれる   疲れると痺れが強くなる・・・なぜ? なぜ足がしびれたり、突っ張たり、痛くなる? ヘルニアや脊柱管狭窄症で神経を圧迫してるから? では、レントゲンやMRIで異常がないのにしびれる人がいるのはなぜ? 足がしびれるのは血行が悪いから 足がしびれる原因のほとんどは、血行が悪くなることが原因です。 どういうことかというと、 正座していると足がしびれてきますよね? 腕枕していると腕がしびれてきますよね? このように血管が圧迫されると血行が悪くなりしびれが起こります。 これと同様に足がしびれる方は、正座をしていなくても、体のどこかに血管を圧迫している部位があるということです。 筋肉が血管を圧迫している 血管や神経は筋肉の中を走行しています。 そのため、筋肉が緊張した状態が続くと血管を圧迫して血行が悪くなる状態になるということです。 では、足がしびれる方の場合はどこで血管を圧迫することが多いのか? 人それぞれ変わってはきますが、臀部や腹部また、首にある場合もあります。 ここを見つけられないまま、 「足の痺れは腰からだから腰をマッサージします」 では何の効果もありません。 原因さえ見つかれば治療は簡単 その部位の筋肉の緊張を緩めるように治療していけばいいだけ。 自分でもできるようになります。 まとめ ・痺れの原因は血管が圧迫されることによる血行障害 ・血管を圧迫している部位を見つけられればあとはそこを緩めるだけ

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

施術1回 通常 7,000円

初回限定

2,980円

お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2072 055-209-2072

営業時間 午前9:00〜20:00

山梨甲府整体院

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2072 055-209-2072

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP