お客様との喜びの写真、動画の数が実績

山梨甲府整体院

国母駅から車で5分
南甲府署から車で5分

住 所
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

山梨甲府整体院のブログ

甲府のあなたの坐骨神経痛が改善しない理由

    • 坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状を悪化させている原因を知らないまま過ごしていませんか? 症状が改善しないのは、悪化させている原因があるから。それを知らずに過ごしているから改善しない 軽い怪我や腰痛も放っておけば自然と治ってしまいますよね。 人に備わる自然治癒力によるものです。 坐骨神経痛も放っておいても治る場合もあります。 しかし、坐骨神経痛の症状も程度は様々で、何となく違和感がある程度から、横になっても痛くて「足を切ってしまいたい」と表現される方もいます。 気がついたら治ってたというケースもあると思いますが、多くの場合、期間が長期に及びます。 それは、気がつかないうちに坐骨神経痛のストレスになるような行動をとっていることが原因としてあるからです。 治療していく上で大事なことは、どんな治療をするかよりも、なぜ改善しないのか、なぜ悪化していくのか、改善しない原因を取り除くこと どんなに良い治療を受けても、気がつかないうちに坐骨神経痛を悪化させてしまうことをしていたら良くなっていかないですよね? まず優先すべきことは、坐骨神経痛を悪化させてしまっている原因を取り除くこと。 これができれば、少なくとも悪化することはないはずで、改善する方向に進んでいくはずです。 坐骨神経痛を改善させるための最短ルートは、患者様ご自身が意識と体の使い方を変えるように取り組んでいくこと 坐骨神経痛を悪化させている原因をご本人は当然気がついていません。 それぐらい些細なことであったり、逆に坐骨神経痛を改善させるために意識していることの積み重ねによって悪化させてしまっている場合もあります。(実は後者が原因である場合がほとんどです) こちらが施術だけで治していこうとしても、普段の生活でそれ以上に負担をかけ続けてしまったら、良くなっていかないですよね? つまり、ご本人様に坐骨神経痛を悪化させてしまっていることが何か気がついてもらい、意識と行動を変えていくことがもっとも効率的な治療法です。 まとめ ・坐骨神経痛を改善させるには、治療のやり方よりも坐骨神経痛になってしまった原因と悪化させてしまっている原因を改善することが優先するべきこと

坐骨神経痛で手術を考えている甲府市のあなたへ

    • 坐骨神経痛

坐骨神経痛の手術を決める前に考えて欲しいこと。坐骨神経痛は手術しなくても治ります 坐骨神経痛のひどい痛みをしびれで、足を切り落として欲しいほどに辛い毎日を過ごされていると、手術はしたくないけど、早くこの辛さから解放されたい・・・と手術しようか迷われている方も大勢いると思います。 手術をすればこの症状がすっきり良くなるとイメージされているかもしれませんが、実際には、 「痛みは取れたけどしびれが残った」 「手術して最初の2ヶ月は良かったけど、また元に戻って再手術を勧められている」 「手術したけど大して良くならなかった」 というケースも多いのが実際のところです。 なぜ手術をしても完全に良くならないのか?それは坐骨神経痛の原因を間違えて認識したまま手術してしまうから 一般的に坐骨神経痛の原因は、 ・腰椎椎間板ヘルニア ・脊柱管狭窄症 ・すべり症 によって変形した組織が神経を圧迫することによって坐骨神経痛が発症すると考えられています。 そのため、この画像上で判断できる組織の異常を原因とみなして手術をするわけですが、それでも症状が良くなる人と、良くならない人がいるのは、原因とみなしている対象が実は原因ではないからではないでしょうか? もしヘルニアや背骨の変形が坐骨神経痛の原因なのであれば、その症状は手術でしか改善されないはず。でもしばらくするといつの間にか治ることがほとんど。 ヘルニアやすべり症のように明らかな構造上の変化によって坐骨神経痛が発症しているのであれば、しばらくしたら症状を感じなくなっていたという事実はどうやって考えればいいのでしょうか? ・飛び出したヘルニアが数ヶ月で元の場所に引っ込んだ? ・変形した背骨が変形してない状態に戻った? ・圧迫されていた神経の位置がずれた? このようなことが起きるのでしょうか? 体の構造がそんなに簡単に変化してしまったら大変です。 そもそもヘルニアや背骨の変形が坐骨神経痛の原因ではないから手術をしなくても治るということ 病院では坐骨神経痛の原因を画像でしか判断しませんよね? だから画像上の異常でしか判断することができないのです。 逆に、 「画像上は異常がないけど坐骨神経痛」 という症例には 「異常がないんだから痛み止めで様子を見て。」 「異常がないのに痛いなら神経内科を紹介しますよ」 ということになってしまうのです。 まとめ ・坐骨神経痛の原因は画像での判断だけでは不十分 ・本当に手術が必要なのは、坐骨神経痛全体の5%以下と言われています

坐骨神経痛の原因をご存知ですか?甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛

よく聞くことのある「坐骨神経痛」。原因や症状について解説していきます 坐骨神経痛は、お尻から足にかけて出る痛みやしびれの総称のようなもので病名ではありません 坐骨神経とは、お尻から足にかけて走っている太くて長い神経です。 この坐骨神経痛が何らかの影響で圧迫されたり、引き伸ばされたりすることで刺激を受けて、お尻から足にかけて痛みやしびれが出る症状を広く、 「坐骨神経痛」 という言い方をします。 坐骨神経痛を発症する原因は大きく分けて3つ腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症 ・腰椎椎間板ヘルニア 腰の骨と骨の間には「椎間板」と呼ばれるクッションの役割をしている組織があります。この椎間板が加齢や日常生活の負担などにより飛び出して、神経を圧迫してしまうことを椎間板ヘルニアと言います。 ・脊柱管狭窄症 背骨の中には「脊柱管」という神経を通すトンネルがあります。この脊柱管が加齢や腰にかかる負担によって背骨が変形してしまい、この脊柱管を狭くして中を通る神経を圧迫してしまう状態を脊柱管狭窄症と言います。 ・腰椎分離すべり症 加齢や腰にかかる負担によって腰椎が変形して前方に滑ってしまう状態をすべり症と言います。 こららの疾患によって坐骨神経のラインに痛みやしびれを感じる症状を広く、坐骨神経痛と言います。 つまし、腰椎椎間板ヘルニアで出る症状も、脊柱管狭窄症で出る症状も、腰椎分離すべり症で出る症状もほとんど同じ坐骨神経痛ということです。 これら3つを発症してしまう原因は共通して「腰に負担をかけ続けてしまうこと」。しかし、同じ仕事をしていても発症する人と発症しない人がいるのは仕事だけが原因ではないから 腰に負担をかけ続けてしまうことは当然のことですが、負担になりやすい仕事をしていても、全員が発症するわけではありません。 つまり、仕事で腰に負担をかけることだけが原因ではなく、それ以外のところに原因があるということです。 それが、日常生活での体の使い方です。 ご本人は負担をかけないように意識しているはずですが、その意識が余計に腰に負担をかけているのです。 ですので、僕の印象では、腰を悪くしないように注意され、意識して行動されている意識の高い方の方が、これらの疾患を発症しやすいという印象があります。 まとめ ・坐骨神経痛は主に腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症によって発症する ・発症する原因は仕事もあるが、日常生活ので体の使い方や腰に負担をかけないように意識して行動していることによることが大きい

なぜヘルニアの人はぎっくり腰を繰り返してしまうのか?甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアや坐骨神経痛がある人はぎっくり腰になりやすく、何度も繰り返してしまいます。 ぎっくり腰について。一度なると癖になるわけではありませんが、なったことがない人もいるのに毎年のように繰り返してしまう人がいることは事実 毎年のように、しかも年に何回もぎっくり腰になる人もいて、そんな方は、 「もうぎっくり腰が癖になってるからしょうがない」 とおっしゃっていました。一般的にもぎっくり腰は癖になるというイメージがあると思います。 確かに一年に何度もぎっくり腰になる方はいらっしゃいますが、ほとんどの方は短期間に繰り返すことは稀です。 しかし、ヘルニアや坐骨神経痛がある方は何度もなりやすい傾向にあります。 ヘルニアや坐骨神経痛があるということは、常に腰に負担をかけた生活しているということ。ヘルニアだからぎっくり腰になるのではなく、腰に負担をかけ続けているから再発しやすい ヘルニアや坐骨神経痛がいつまでも治らずに長引いている方は、無意識に腰に負担をかけ続けているから良くならないのです。 当然本人は負担をかけているという意識はなく、むしろ、負担をかけないように生活しているはずです。 それでも良くならないということは、負担をかけないようにしていることが、実は負担をかけてしまっているということです。 だから、どんなに治療をしても、負担をかけないように意識しても、ストレッチをしても、コルセットをしても良くならないのです。 そうやって知らず知らずのうちに常に負担をかけ続けてしまっていたら、何かの拍子にぎっくり腰になりやすくなってしまいますね。 ぎっくり腰を繰り返していれば、その度に自分の腰に自信がなくなってしまいます。不安ばかりが強くなり腰、ヘルニア、坐骨神経痛の症状はますます悪化してしまいます ぎっくり腰になれば、そのきっかけになった動作をこれまでよりも警戒するようになり、腰に負担をかけないように体を固めて動くようになるはずです。 こうやって体をどんどん固めていってしまいますね。 この体を固めた動作がさらにヘルニア、坐骨神経痛の症状を悪化させてしまっているのです。 ぎっくり腰を繰り返し、ヘルニア、坐骨神経痛が良くならないあなたへ 「ロボット見たいな動き方をしていませんか?」 まとめ ・・ぎっくり腰が癖になるわけではないが、繰り返す人は繰り返してしまう原因を無意識のうちに自分で作っている。 ・それに気がつかないからぎっくり腰を繰り返し、ヘルニア、坐骨神経痛が良くならない

椎間板ヘルニアは運動していいの?甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアにとって運動は有効なのか? 運動はやってもいいのか? 椎間板ヘルニアの急性期では、痛みが強く、日常生活にも支障が出るほどです。 このような場合は、痛すぎて運動どころではないのでNG。 痛みが落ち着いたら、痛くても動くべきです。 安静だけでは時間ばかりがかかってしまい良くなりません。 椎間板ヘルニアが安静では良くならない理由 椎間板ヘルニアは飛び出した椎間板が神経を圧迫して、神経痛が引き起こされる症状です。 そのため、腰や下半身に神経痛の激痛が出るため、安静にすることも大切です。 しかし、安静が続いてしまうと、筋肉を動かす機会が少なくなってしまうため、二次的な症状として、他の部位の筋肉の緊張が強く見られるようになってしまいます。 また、痛みやしびれが残っていると、無意識にかばった歩き方になってしまいます。 安静で動く機会が少なくなることと、全身に力を入れながらのかばった歩き方によって、ますます筋肉が硬くなってしまいます。   椎間板ヘルニアでは何をして体を動かしたらいい? 「それならどうやって運動したらいい?」 運動でも筋トレがいいのか? ランニングがいいのか? ストレッチがいいのか? ウォーキングがお勧めです。 椎間板ヘルニアで足に症状が強く出ると、足に負担をかけないようにかばった歩き方になってしまいます。 この時の歩き方が身についてしまっていると、その不自然な歩き方が腰や足に負担をかけてしまうため、再発のリスクにつながることもあります。 正しい歩き方ができれば、全身に力を入れずに、楽に歩くことができます。 そうすると、筋肉に力を入れずにリズミカルに動かすことができるので、筋緊張が取れて痛みも取れるし、再発予防にもなります。 まとめ ・椎間板ヘルニアの症状が落ち着いたら、ウォーキングがお勧めです ・筋トレは必要ありません    

この足の痛みやしびれは椎間板ヘルニアの症状? 甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの症状について解説します 椎間板ヘルニアによってなぜ足のしびれや痛みが起こるのか、その対策法について解説していきます。 椎間板ヘルニアの症状は坐骨神経痛 椎間板ヘルニアによって特徴的に現れるのがお尻から太もも、ふくらはぎ、つま先に痛みやしびれを引き起こす 「坐骨神経痛」です。 一般的にも下半身に痛みやしびれが起こると坐骨神経痛と使われることが多いですね。 坐骨神経痛って? 坐骨神経とは、腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、つま先にかけて走行している人体で最も太くて長い神経の束。 坐骨神経痛という痛みやしびれはこの神経が走行している部分です。 ヘルニアが原因の坐骨神経痛の特徴 坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニアだけではありません。 それ以外にも筋肉の緊張によって神経を圧迫したり、脊柱管狭窄のように神経を包んでいるトンネルが狭くなることで坐骨神経痛を引き起こすこともあります。 椎間板ヘルニアが原因の時の特徴 床に置かれたものを拾おうとした際や、洗顔をしようとした際の前かがみになる姿勢で足腰に痛みやしびれが強く出るというのが、椎間板ヘルニアの症状の特徴です。 これは、前かがみの姿勢が椎間板を押し出す方向に力を加えてしまうからです。 ですので、椎間板ヘルニアが認められている方は前かがみの姿勢をできるだけしないように注意が必要です。 また、椎間板ヘルニアは20〜30代に多く見られるというのも特徴です。 症状が強い場合の対処法 病院では症状が強い場合に、麻酔薬を注入するブロック注射や痛み止めが処方されます。 ブロック注射や痛み止めと聞くと 「痛み止めだから根本的な治療になっていない」 という人がいますが、一時的でも痛みが抑えられることで、痛みを我慢するために全身を強張らせていた筋肉の緊張が緩みますので、根本治療に無関係ということはありません。 実際にブロック注射だけでそのまま症状が出なくなってしまう人がいることも事実ですので。 まとめ ・病院で椎間板ヘルニアと診断されても症状は様々です。 ・痛みが強い時には痛み止めを使うことは有効な治療法です。    

甲府でヘルニア、坐骨神経痛で痛い人と、痛くない人の違い

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニア、坐骨神経痛で痛い理由 ヘルニア、坐骨神経痛の症状 ヘルニア、坐骨神経痛の症状にはしびれる、ビリビリ、ピリピリ、力が入りにくい、重い、筋肉が突っ張る、刺すように痛い・・・ 色々な表現があります。 これらは全て神経の症状なのでしょうか? 神経痛だから神経が痛い? ヘルニアは一般的には椎間板の組織が外に飛び出してしまい、その飛び出した組織が神経を圧迫することで、神経痛の症状が出ると考えられています。 実際にはこれだけでなく、この背骨付近ではないところで筋肉が坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛が引き起こされるということの方が多いと実感しています。 では、この坐骨神経痛にも痛みの種類が様々だったり、痛む部位が違うのはなぜなのでしょうか? 神経痛だけでなく、筋肉が痛い 神経痛による強い痛みは強烈なストレスとなり、筋肉を緊張させます。 神経痛とは違う筋肉の痛みやつっぱり、可動域制限は極度の筋肉の緊張が原因であると考えられます。 この筋肉の痛みの場合、神経痛による痛みから身を守るために無意識に体を緊張させる本能による働きですが、これが長期的に続いてしまうと、自分自身で痛みを作ってしまっていることになってしまいます。 この場合、まずは力を抜くこと。 長期間、体を強く緊張させている生活を続けていると、力の抜き方がわからなくなってしまっています。 全身を脱力するように意識しましょう。 これだけでも痛みは大幅に改善します。 まとめ ・ヘルニア、坐骨神経痛が強い痛みだと全身を強張らせて、痛みから身を守ろうとする ・しかし長期間この状態が続いてしまうと全身の緊張が強くなる ・すると、ヘルニアや坐骨神経痛の痛みよりも、全身を脱力することができないことによる筋肉の痛みの可能性が大きい

甲府でヘルニア、坐骨神経痛と梨状筋症候群の関係をご存知ですか?

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛と関係が深い梨状筋症候群とは? 「病院に行ったら梨状筋症候群と診断されました」 とおっしゃる方がいます。 あまり聞いたことのある方は少ないかもしれませんが、坐骨神経痛との関わりが深い疾患名です。 梨状筋とは? この絵のようにお尻の深いところにある筋肉で、この筋肉の下を足先までつながっている坐骨神経が通過しています。 そのため、この梨状筋が硬く緊張すると坐骨神経を圧迫して太ももやふくらはぎに痛みやしびれを引き起こすものが梨状筋症候群です。 なぜ梨状筋が緊張するのか? 骨盤から太ももにつながっている梨状筋は足の動きの基盤になる部分です。 そのため、股関節の動作に常に関わってくることと、骨盤につながっていることから、腰の動作で骨盤が傾くような動きにも常に連動して働いている筋肉です。 腰と下半身の動きでストレスを受けやすく、また、その割に薄い筋肉であるため緊張しやすいということが言えます。 ヘルニアと梨状筋症候群の関係 ヘルニアは画像から診断されますが、梨状筋症候群は筋肉の問題であるため、レントゲンやMRIでは写らないため、見落とされることが多いです。 また、ヘルニアも梨状筋症候群も症状としては坐骨神経痛が引き起こされますので、判断の見極めが難しいことも挙げられます。 梨状筋症候群になった場合の対処法 梨状筋の緊張が原因なので、緊張を緩めることが前提になるわけですが、強いストレッチは逆効果になることもあるので注意が必要です。 ストレッチが悪化させる理由 筋肉が硬い、緊張している、凝っている・・・表現の仕方はいろいろありますが、硬いという意味では同じだと思います。 この硬さを緩めるためにストレッチをして筋肉を伸ばしてあげると、硬くなった筋肉が柔らかくなって、軽くなるような感じがします。 しかし、梨状筋症候群の場合、筋肉が縮こまって硬くなるとは逆で、引き伸ばされて硬くなっているケースがあります。 その場合、引き伸ばされている状態の筋肉をストレッチでさらに伸ばしてしまってはますますストレスをかけてしまうことになってしまいます。 この場合にはストレッチで伸ばすのではなく、たわませてあげるようなイメージで緩めることが必要です。 まとめ ・坐骨神経痛でもヘルニアだけでなく、お尻の筋肉である梨状筋が原因の場合がある。 ・この場合、レントゲンやMRIでは原因が断定できない ・ストレッチでは逆効果の場合もあるので坐骨神経痛の際のストレッチは慎重に

ヘルニア、坐骨神経痛と筋肉痛の症状の違いをご存知ですか?甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニア、坐骨神経痛と言っても症状は様々です。見分け方について解説します   ヘルニアや坐骨神経痛と聞くとお年寄りをイメージされる方が多いと思いますが、実は若い方にも多い症状です。 また、坐骨神経痛と言って痛い、しびれるだけでなく、筋肉が突っ張る、重い、ピリピリする、感覚が鈍い…など様々です。 そのヘルニア、坐骨神経痛と筋肉による痛みとの違いについて解説します。 坐骨神経痛とは? 一般的に坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症などにより、神経が圧迫されて痛みやしびれが引き起こされる疾患とされています。 この腰から出て足先までつながる神経を圧迫されるためにお尻から太もも、ふくらはぎ、足裏、足先の広範囲に症状が出るのが特徴です。 10代から20代に発症することも多く、症状は電気が走るように痛い、重だるい、突っ張る、引き攣れる、ビリビリするなど多種多様です。 以外にも足に強い症状があっても、腰は何ともないとおっしゃる方も珍しくありません。 ヘルニア、坐骨神経痛と筋肉痛の違い 1、坐骨神経痛は点ではなく、ラインで痛む 筋肉の痛みは「ここが痛い」と一点を指で指し示すことができます。 しかし、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症による坐骨神経痛では「この辺一帯が痛い」というように、はっきりここと表現することができません。 2、何もしていなくても痛い 筋肉痛は動かすと痛いのが特徴です。何もしないでジッとしていれば痛みを感じることは少ないです。 坐骨神経痛は動かないで、何もしていなくても痛むのが特徴で、動くと余計に痛い場合と動いた方が痛くない場合もあります。   まとめ 坐骨神経痛は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症などによって引き起こされると言われていますが、実際にはこれら背骨の問題というよりも筋肉の緊張が坐骨神経を圧迫することにより症状が出ることが多いです。 もしこれらのような疾患が原因になってしまうのであらば、手術するしか方法がなくなってしまいますが、手術が必要な方はごく稀です。

甲府市のあなたへ、ヘルニア=痛み、しびれではありません

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアが見つかってもほとんどの場合はなんともないという事実 MRIでヘルニアが見つかったとしても、ほとんどの場合は痛みやしびれを感じず無症状です。 腰や足が痛くて病院で検査をすると 「ヘルニアがあります。だから痛いんです」 と説明を受けるため、信じられない方も多いと思いますが、腰痛や坐骨神経痛が全くない人の腰をMRIで検査したところ、76%の人にヘルニアが見つかったということが発表されています。 ヘルニアだから痛い? ヘルニアが神経を圧迫して痛みが起きる、一般的にそう思われていますし、病院でもそのように説明されますが、ここで考えてみてください。 ヘルニアで痛みが出ているという方の痛みの程度は常に一定ですか? 痛いとはいえ、その日によっても違うだろうし、朝、昼、夜でも変化しているはずです。 じゃあヘルニアは飛び出したり、引っ込んだりしているんでしょうか? 違いますよね? つまり、ヘルニアがあるから痛いわけではないということです。 ただ、ヘルニアの中には神経の圧迫が強くて歩くのが大変になったり、排泄に障害が出てしまうものもあるので、手術が必要なケースもあります。 しかし、それは全体の3%と言われています。 痛みの原因は? ヘルニアが痛みの原因でないとすると何が痛みを引き起こしているのか? その日によって痛みの状態に変化があるということは、何かが変化しているから、それに伴って痛みの状態も変化しているということが考えられます。 それは、筋肉です。   骨や神経がその日によって変化するというのは考えにくいですね。 でも、筋肉の状態は変化しやすいです。 動かさなければ、疲れれば、冷えれば縮こまって硬くなります。 動かせば、温めれば、マッサージすれば動きやすくなります。 筋肉の状態が変化するから痛みの度合いも変化するということです。 まとめ ・ヘルニアが見つかっても、それが原因で痛み、しびれが出るわけではない。 ・坐骨神経痛のほとんどは筋肉が原因で症状が出ている

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

施術1回 通常 7,000円

初回限定

2,980円

お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2072 055-209-2072

営業時間 午前9:00〜20:00

山梨甲府整体院

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2072 055-209-2072

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP