お客様との喜びの写真、動画の数が実績

山梨甲府整体院

国母駅から車で5分
南甲府署から車で5分

住 所
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

山梨甲府整体院のブログ

その痛みが坐骨神経痛なのかチェックする方法

    • 坐骨神経痛

「病院で坐骨神経痛と診断されました」 「背骨の隙間が狭くなってるから神経に触ってお尻から足が痛くなりますと聞きました」 お尻から足が痛くなると、【坐骨神経痛】と診断されることが多いです。 しかし、そのほとんどが坐骨神経痛ではありません。 その理由にについて解説していきます。 この記事は、坐骨神経痛と診断されたあなたのために書きました。 坐骨神経痛かチェックする方法①:腰から足までが途切れないで痛いか 坐骨神経痛の原因として説明される主なもの ・腰椎椎間板ヘルニア ・脊柱管狭窄症 ・すべり症 ・変形性腰椎症 ・梨状筋症候群 坐骨神経痛は主に腰の背骨が変形して、坐骨神経の根元を圧迫することによって、神経の症状が出るとことと専門書にも説明されています。 (梨状筋症候群はお尻の筋肉です) 坐骨神経の根元を圧迫することによって、そこから先に症状が出るのであれば、腰からお尻、太もも、膝下の間が途切れることなく症状が出るはずです。 「お尻と太ももは痛くないけど、ふくらはぎが痛い」や、「太ももの外側だけが痛い」 ということはあり得ないことになります。 (例えば、蛇口にホースを繋いで水を流すのに、ホースの途中には水が流れてないのに、そこから先には水が流れているようなもの) もしそうなら、坐骨神経痛ではなく、他のことが原因で症状が出てることが考えられます。 坐骨神経痛かチェックする方法②:いつも同じように症状が出ているか ヘルニアやすべり症など、背骨が変形している状態がその日によって変化するようなことはないはずです。 であれば、神経を圧迫する状態も常に変化しないはずなので、症状も変化しないで一定に出ることが考えられます。 あなたの症状は毎日、常に一定に出ていますか? 1日の中でも、症状をあまり感じない時間帯や姿勢(横になる、座る、歩く)によって変化しませんか? もし、症状に変化があるのであれば、それは背骨の変形が原因ではないことが考えられます。 レントゲンでヘルニアやすべり症などの診断を受けていて、その状態になっていても、症状と矛盾しているので、原因ではないということになります。 坐骨神経痛かチェックする方法③:良くなったり、悪くなったりを繰り返している ②にもある通り、背骨の状態は短期間で変化することはありません。 坐骨神経痛と診断された方には、毎年のように再発を繰り返しているケースが多いです。 では、この時に症状が出た時にはヘルニアになって、亡くなった時にはヘルニアが元に戻るのか? すべり症でズレている背骨が元に戻るように毎年のように移動しているのか? そんなはずはありません。 坐骨神経痛の原因は背骨ではなく筋肉のことがほとんど 以上の3つからどれか1つでも当てはまる方は、背骨が原因ではないことが考えられます。 だって、画像の状態と症状に矛盾があるから。 本当の原因は【筋肉】であるケースが多いです。 ここを間違えてしまうと違う方向性の対処の仕方になってしまうので、坐骨神経痛が改善されなくなってしまいます。 あなたの症状が本当に画像の状態と一致しているのか、もう1度考えてみてください。

ヘルニアの坐骨神経痛でお悩みの山梨のあなたへ【甲府・整体院誠】

    • 坐骨神経痛
    • 腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアの坐骨神経痛は安静にした方がいい?マッサージやストレッチをした方がいい? お尻から太もも裏、ふくらはぎ、足の裏にかけて痛みやしびれを伴う症状を坐骨神経痛と言います。 この記事では坐骨神経痛の対応策として意識してほしいことをお伝えします。 坐骨神経痛とは?よくある質問に答えます ①神経を傷めてる? よく神経痛と聞くと神経が傷んでいるのかと思われている方がいらっしゃいますがそうではありません。 神経痛と言っても神経が傷んでいるのではなくて、筋肉が硬く緊張して強張っているので痛みを感じるという状態です。 その痛みの現れる部位が坐骨神経の走行しているラインに出ることが多いので坐骨神経痛と言われています。 正確には坐骨神経の痛みではなく、筋肉の痛みということです。 ②坐骨神経痛の症状になってしまったらどうすればいい? その時の痛みがあまりにも強い場合は、まずは痛みを緩和させていくことを最優先にしていく必要があります。 体勢によっては痛みが緩和する体勢があると思います。 その体勢を探してそこで身体を休めてあげることが大事です。 痛みが強すぎて生活に支障が出ているのであれば、痛み止めの服用も必要です。 痛みのストレスがさらに症状を悪化させていくこともありますので。 ③坐骨神経痛の症状を改善するには治療はどうすればいい? ヘルニアだから坐骨神経痛になっているわけではありません。 神経の痛みではなく、筋肉の痛みなので、筋肉の緊張を緩めてあげるように治療をしていく必要があります。 マッサージ、電気、温熱治療で筋肉をほぐしてあげることも大事ですが、それよりも歩くことです。 特に痛みが強いと歩くと痛くなるから歩かない方がいいんじゃないか?安静にした方がいいんじゃないか?と考えてしまいますが、症状の原因は筋肉です。 筋肉は動かせばほぐれて動きやすくなりますよね。 動かさなければ固まっていく傾向にあるのは、皆さん感じたことがあると思います。 歩くことで、筋肉をリズミカルに動かすことで、硬く緊張している筋肉がほぐれるので、痛みが改善するということです。 ④安静にしたほうがいい? 痛みが強くて歩けないほどという場合には、2、3日安静にすることは構わないが、安静にしても良くならないのであれば、動ける範囲で普通に過ごすようにしていきましょう。 動けるのであれば、安静にする必要はありません。できるだけ普通の生活を過ごすように意識しましょう。 ⑤マッサージをした方がいいですか? 確かに痛みをだしているのは筋肉なので有効な手段です。 坐骨神経にそった筋肉に対して筋肉をほぐしていくことで、症状は軽減できますが、これだけでは筋肉が硬くなる原因を解決しているわけではないので、またすぐに硬くなってしまいます。 筋肉が硬くなっている原因に対してアプローチをすることが必要です。 ヘルニアによる坐骨神経痛を改善するための治療法 痛みを出しているのは神経ではなく、筋肉です。 では筋肉を硬くしてしまう原因は何か? ここを追求しなければ、どんなにいい治療をしたとしても、筋肉はまたすぐに硬くなってしまいます。 筋肉を硬くしてしまう原因を改善するための治療をしていきましょう。

坐骨神経痛がストレッチだけでは改善しない理由を甲府の整体院が山梨のあなたにお伝えします 【甲府・整体院誠】

    • 坐骨神経痛

坐骨神経痛でお尻から太もも、ふくらはぎが痛くてストレッチをしても改善しないのは、それは痛いという結果への対処療法だからです。原因に対しての治療はできていますか? お尻から太もも、そしてふくらはぎへかけての痛みやしびれ。 足を動かすと感じる筋肉が引き裂かれそうな突っ張り感。 このような痛みが毎日続いたら動くことが嫌になってしまいますね。 「坐骨神経痛」 比較的安易に使われる名前だし、症状の強さや範囲に関わらず、お尻から足先にかけての痛みやしびれがあると、ひとくくりにされてしまいますが、程度は様々です。 多少違和感やしびれが何年もあるという方から、痛みが強くて足を切り落としたいという方、杖を支えに足を引きずりながらやっと歩けるような方・・・ そんな坐骨神経痛がなぜ治らないのかについてお伝えしていきます。 坐骨神経痛について 坐骨神経痛は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断された方が発症しているケースが多いです。 お医者様からも、このような疾患が原因で坐骨神経痛が出ていると説明をされていることと思います。 治療法としては、どのような説明がありましたか? 「痛み止めと湿布で様子を見ましょう」 「痛みが治まるまで安静にするように」 「それでも良くならなければ手術を考えましょう」 このように言われませんでしたか? しかし、これでは良くならない方が多く、手術に踏み切ってしまう方もいらっしゃいます。 坐骨神経痛は神経が症状を出しているわけではない 坐骨神経痛と聞くと、神経が圧迫されて症状が出ているんじゃないかというイメージがあると思いますが、神経は圧迫されただけでは症状は出ません。 神経痛のようにしびれを感じるのは、筋肉に通常以上の負担がかかり、緊張して固い状態になることで、血流障害が起こります。 この結果しびれが起こるということです。 つまりしびれの原因は筋肉の硬さということです。 筋肉をほぐすためにストレッチをやればいい? 多くの方は筋肉が固いのであればストレッチをしてほぐせばいいいいのではないかと考えます。 確かにそれが有効な場合もありますが、痛みが強かったり、経過が長かったりするとそれだけでは改善しないし、ストレッチだけでは限界があります。   それよりも優先しなければいけないのは、なぜ硬くなってしまったのか? という問題です。 この原因を取り除かないと何をしてもまた硬くなってしまいます。 坐骨神経痛という症状は結果です。 結果には必ず原因があります。 そうなってしまった原因を考え、その原因を改善することをしていかなければ、同じ結果を何度も繰り返してしまいます。   3ヶ月以上坐骨神経痛の症状にお悩みのあなたへ 発症してから3ヶ月以上が経過していれば、様子を見て良くなる症状ではないということです。 痛みとしびれは経過が長くなるほど改善するまでに時間がかかります。 早めに医療機関を受診してください。 そして、痛みやしびれの症状という結果に対しての治療だけではなく、原因に対しての治療をしてくれる先生を探しましょう。 この記事を読んでくれたあなたが、そんな先生と巡り会えて、1日も早く良くなってもらいたいです。 この記事がそんな参考になってくれればと思います。

坐骨神経痛の効果的な治療法を甲府の整体院が山梨のあなたにお伝えします 【甲府・整体院誠】

    • 坐骨神経痛

辛い坐骨神経痛の症状の特徴と治療法について解説します 坐骨神経痛とは? 坐骨神経痛とは、腰からお尻、足先にかけてそうこうしている「坐骨神経」の走行エリアに痛みやしびれを感じる症状のことです。 一般的には、椎間板ヘルニアに代表出される、神経を何かが圧迫することによって坐骨神経痛になるんじゃないかということですが、実際には神経は圧迫しただけでは痛みやしびれはだしません。 つまり、坐骨神経痛とは神経の痛みではなく、坐骨神経の走行エリアに痛みを感じている状態なので坐骨神経痛と呼ばれているということです。 坐骨神経痛の一般的に言われている原因 若い世代で坐骨神経痛を発症する原因として考えられているのは、腰椎椎間板ヘルニアです。 背骨と背骨の間にある椎間板というクッションの役割をしている組織が外に飛び出すことによって、神経を圧迫して神経痛を引き起こすと考えられています。 高齢になると増えてくるのが脊柱管狭窄症です 脊柱管狭窄症は、神経の通り道である脊柱管が狭くなることによって、その中を通る神経が圧迫されて腰から足先にかけて痛みやしびれが出る状態のことです。   神経は圧迫しただけでは痛みやしびれは出ない 自分のインパクトのある腰の画像を見てしまい、お医者様からの説明でも、 「椎間板ヘルニアです。だから痛いんです」 「脊柱管狭窄症です。だから・・・」 との話があるので、 「だから痛くて、しびれるのか・・・」 と納得してしまいますが、実際には、神経は圧迫されただけでは痛みもしびれも出ないということです。 もし、神経を圧迫していて痛みやしびれが出るのであれば、立ってても、座っていたも、横になっても圧迫は変わらないはずですから症状に変化は出ないはずです。 ですが実際には横になれば楽だとか、座るのが一番辛いというような症状の変化があります。 また、症状についてもお尻は痛くないけど太ももが痛いや、足の指先だけがピリピリするというような症状がありますが、これも不思議です。 坐骨神経は腰から足先にかけて走行しています。 もし腰で圧迫されて神経痛が出るのであれば、腰から足先まで全部に症状が出なければおかしいです。 途中は症状が途切れているのにその先だけ痛いというのはどういうことなのでしょう? 矛盾してると思いませんか? なぜ画像診断と症状に矛盾が出るのか? 病院では画像を元に診断し治療をしていきます。 そのため、画像上の異常を症状の原因と判断せざるを得ないのです。 また病院は画像診断でしか分からないすぐに命に関わる手術が必要な重篤な状態を探すことが本来の役割のため、そこまでではない症状の把握や治療には長けていないということ理由の1つです。 ですから、病院が悪いのではなく、そもそもの役割の違いから認識に誤差が出てしまうということです。 では坐骨神経痛の本当の原因は? この辛い痛み、しびれの原因は筋肉です。筋肉が硬く緊張することによって痛みが引き起こされています。 具体的な部位でいうと、お尻と太ももの裏側の筋肉が原因の場合が多いのですが、 「じゃあ硬くなってるなら揉んだり、ストレッチすればいいのか?」 ということになりますが、当然それだけでは改善されません。 その部位の筋肉が硬くなってしまう原因を改善しなければ何をやってもそれは、対処療法になってしまいます。 坐骨神経痛を改善するには? 坐骨神経痛と言われるものの正体は、その部位の筋肉が硬くなっていることだということは説明してきました。 では、そもそもなぜその部位が痛くなってしまうのかの理由をこれまでに病院や整骨院で聞いたことがありますか? 当院ではここを重要視して治療をしていきます。 今出ている痛みを抑えるための注射、痛み止め、マッサージ、シップでは根本的な治療になっていないことは、何となく感じていらっしゃることだと思います。 なぜ太ってしまったのか? なぜ虫歯になってしまったのか? ここを改善することが最も大事なことですよね。

長引く坐骨神経痛でお悩みの甲府のあなたへ

    • 坐骨神経痛

坐骨神経痛は適切に治療していかないと長期化して慢性化してしまいます。その理由を解説していきます 坐骨神経痛を治療して治そうとしていませんか?治療するだけでは改善しません 辛い坐骨神経痛の症状である、お尻からから足の痛みやしびれを早く治したいから、どうすれば治るのか?どこの病院、整体、整骨院がいいのかが気になると思います。 「〇〇病院で注射をしたらすぐに良くなったらしいよ」 「〇〇整骨院に行ってみたら?」 そんな噂を聞いては行ってみるということを繰り返している方もいらっしゃると思います。 色々良いと聞いたところには行ってみたけど良くならない、そんなお悩みありませんか? そんな方はどんな治療法が良いか?どこの治療院がいいか?探すのをやめてみるといいですよ。 治療法の前に、なぜあなたの坐骨神経痛が治らないのかを考えてみること、治そうとすることだけではなく、悪くさせないことにも目を向けて見てください。 治そうという意識が強いと、「あれもこれも」と体操や筋トレ、サプリ、薬などいろいろなものを取り入れすぎてしまっていることにより、体に負担になっているケースも多々あります。 治療することも大事ですが、なぜ坐骨神経痛が長期化して良くならないのかについて治療院から説明を受けたことはありますか? どうすれば良くなるかではなく、なぜ坐骨神経痛が良くならないのか?について聞いたことはありますか? 治すためにどうすればいいかも大事ですが、なぜ良くならないか?悪化してしまったのかが分からなければ、治ったとしても再発してしまう可能性があります。 悪化するということは、悪化させてしまう理由があるからです。 悪化するということは、体に対しての負担がかかっているということが考えられます。 その負担を軽減することができれば、少なくとも悪化することはないですよね? 負担をかけていることと言っても、負担をかけないようにしているはずだから仕事以外には思い当たることはないはず 何かが坐骨神経痛を改善するための妨げになっているから、良くならずに慢性化してしまっているはずです。 それは何か? 坐骨神経痛が発症する前と発症してからで普段の行動や意識で変わったことはありませんか? あるはずです。 それが坐骨神経痛が改善することを妨げている可能性があります。 まとめ ・辛い症状を治したいと、どうすれば治るのか、治す方法が気になると思いますが、その前に、何が坐骨神経痛を慢性化させてしまったのかを見直すことが最優先です ・実はそれを改善することが、坐骨神経痛を根本改善するためのステップです  

坐骨神経痛で足を切り離したいほど辛い坐骨神経痛でお悩みの甲府のあなたへ

    • 坐骨神経痛

辛い坐骨神経痛で手術をお考えでしたらちょっと待ってください。坐骨神経痛は手術しなくても治ります。 「足が痛すぎて足を切り落としたいほど」 「毎日こんなに辛いなら手術してしまった方がいいんじゃないか?」 「痛み止めも、ブロック注射も効かないしどうすればいい?」 坐骨神経痛の辛い症状が毎日続くと、いつになったらいつまでこの症状が続くのか分からないし、痛み止めも注射も効果がなければ手術しか方法がないのかと悩んでしまいますね? 手術をすればこの症状がすっきり良くなるはず・・・。しかし手術の結果には個人差が大きく、また再発する可能性も 坐骨神経痛の原因は一般的に、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症によって変形した組織が神経を圧迫して神経痛が起こると考えられています。 これらの原因を手術をすれば原因となっているところを、直接良い状態にするわけだから、この症状は良くなるとイメージされている方が多いと思いますが、実際に当院にいらっしゃる方に聞くと、 「痛みは取れたけどしびれが残った」 「手術して最初の2ヶ月は良かったけど、また元に戻って再手術を勧められている」 「手術したけど大して良くならなかった」 という話を聞くことが多いです。 手術して原因になっているところを改善させたはずなのに良くなる人と良くならない人がいるのはなぜか? 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で手術をするということは、その原因となっている組織を切除したり、削ったり、固定したりするはずなので、そうすれば症状は良くなるはずですよね? しかし、原因となっている組織を改善させたはずなのに症状が改善しないということは、そこだけが原因になっているのではなく、その部位以外にも原因があると考えられると思いませんか? その原因とは筋肉です。 筋肉はレントゲンやMRIには写らないものなので、画像で判断することはできません。 筋肉が強く緊張すると、筋肉の中に存在している坐骨神経を圧迫して症状が出ている 坐骨神経痛の症状を発症している人に共通しているのは、腰から殿部、足の筋肉が硬く緊張していること。 これは痛みが強いために体が無意識的に防御姿勢をとることが原因です。 防御姿勢は身を守るために、体を硬く固める姿勢です。 体の無意識的な反応ではありますが、防御姿勢が何日も続いてしまうとそれにより、筋肉が固まった状態になってしまいます。 まとめ ・坐骨神経痛は手術をしても症状が残るケースがある ・その場合は、筋肉の緊張が症状の原因になっている可能性が考えられる  

坐骨神経痛を本気で治したい甲府のあなたへ

    • 坐骨神経痛

坐骨神経痛は原因に対して治療していけば改善していきます。坐骨神経痛が治らない理由をご存知ですか? こんな坐骨神経痛の症状でお悩みではありませんか? お尻から指先までの間に痛みやしびれ、筋肉が突っ張るような感覚、違和感、感覚が鈍い感じ、重い感じがする 座ってるとお尻が痛くなってくる 歩いていると、足が痛いので足をしっかり着きたくない 腰も痛い 足に力が入りにくい感じがする 朝起きると足がこわばる 痛くて普通に歩けず、体が傾いてしまう 足を切り離したいくらいに痛い 坐骨神経痛はお尻から足先にかけて痛みやしびれを感じる症状の総称のこと。上のような症状があれば坐骨神経痛と診断されます 坐骨神経痛の原因として一般的には、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、梨状筋症候群が考えられるとされています。 しかし、検査をしてもはっきりとした原因が分からないケースも多々あります。 原因が分からなくてもお尻から足にかけて痛みやしびれがあると坐骨神経痛と診断されます。 坐骨神経痛と診断されると電気や牽引、リハビリとブロック注射や痛み止めが処方されます 病院で検査をして、手術の必要がないと判断されると痛み止めやリハビリの保存療法が選択されます。 保存療法とは手術をしない治療法ですが、腰や足に電気治療、ホットパック、牽引、痛み止め、湿布、ブロック注射をして症状を緩和しようとする目的で実施されます。 もちろん症状が緩和できればいいわけですが、これらのように症状に対してそれを緩和することだけでは対処療法になってしまい、その時は良くても数日するとまた元に戻ってしまうということが繰り返されてしまいます。 症状を再発させずに改善していくには、症状を引き起こしている原因に対して治療していく必要があります。 坐骨神経痛を引き起こしている根本原因は神経や血流を圧迫する筋肉の緊張 坐骨神経痛というと骨や軟骨が神経に触って痛いんじゃないかとイメージされると思いますが、実際にはそれだけではありません。 神経は筋肉の中を走行しています。 そのため、筋肉が硬く緊張するとその中を走行する神経や血流を圧迫するため、神経痛が引き起こされます。 レントゲンには筋肉は写りません。 はっきりとした原因が分からない坐骨神経痛は筋肉が原因として考えられるため、筋肉の緊張を取る治療をしていく必要があるということです。 まとめ ・病院で行われる一般的な坐骨神経痛治療は症状を緩和するための対処療法が中心であるため、一時的に良くなっても再発するケースが多い ・坐骨神経痛は筋肉の緊張が原因で引き起こされるケースが多いので、筋肉を緩めるための治療をしていくことが、根本原因を改善する治療になる

坐骨神経痛が何度も再発してしまう理由をご存知ですか? 甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛

なぜ坐骨神経痛は何度も再発してしまうのか? 坐骨神経痛は手術をしても再発してしまうケースが多くあります。 良くなっても再発してしまう理由を解説していきます。 坐骨神経痛の症状は主に、腰痛とお尻から爪先にかけての痛みやしびれ。 症状は腰痛と片側のお尻から爪先にかけての痛みやしびれですが、症状の強さや場所は個人差があります。 腰痛がなく、ふくらはぎだけに激痛が出る人もいれば、足全体が何となく重いような、棒足のように感じる症状の方もいます。 痛みが強い方だと痛みがある側の足を引きずるようにしながらじゃないと歩けないような状態になってしまいます。 坐骨神経痛が何度も再発するのは、知らず知らずのうちに負担のかかる動作を続けてしまうから そもそも、なぜ坐骨神経痛になってしまったか理由を知っていますか? 坐骨神経痛になるということは、なってしまった原因があるはずです。 坐骨神経痛になってしまった理由を知らないということは、知らないうちに負担をかけてしまうような体の使い方を続けてしまいます。 だから再発してしまうのです。 手術をしても再発してしまうのも同じ理由です。 坐骨神経痛を再発させてしまう負担のかかる動作とは、体の使い方のこと。体に負担をかけないように意識していることが、実は負担をかけ続けてしまっている 体に負担をかけることというと、仕事をイメージされる方が多いと思いますが、仕事だけではありません。 もし仕事が影響しているのであれば、その職場の方の多くに坐骨神経痛が発症してしまうはずだからです。 しかしそうではないのは、仕事以外のことが体に負担をかけているからです。 それが、体の使い方です。 坐骨神経痛が発症すると、誰でも当然、腰や痛みが出てる側の足に負担をかけないような体の使い方をするようになります。 これが原因です。 腰や痛い側の足に負担をかけないような歩き方や、腰の使い方というのは、負担をかけないような使い方なわけだから、いいような気がしますが実は不自然な動作なのです。 不自然な動作をすることは体にとっては負担にかかることなんです。 だって不自然な動作なわけだから楽ではないですよね? この楽ではない動きが、坐骨神経痛を再発させたり、悪化させるということです。 まとめ ・坐骨神経痛の再発を繰り返してしまうのは、本人が坐骨神経痛になってしまった原因を理解していないから。 ・この原因の多くは体の使い方にあります  

甲府市のあなたへ、なぜ整形外科に通っても坐骨神経痛が改善しないのか?

    • 坐骨神経痛

整形外科での坐骨神経痛治療の考え方が間違えている理由を解説します 坐骨神経痛治療の間違った常識 最近、メディアでも取り上げられることが多い、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症治療の考え方ですが、まだまだ古くからの考え方のまま、これまでと同じような治療を続けている病院が多いのだと思います。 その古くからの間違った坐骨神経痛治療について解説していきます。 1、坐骨神経痛は手術をしなければ治らないという間違った考え方 坐骨神経痛で痛みがひどいと痛み止めが処方され、それでも改善されなければ手術という選択が治療としての流れになっています。 つまり、整形外科では痛み止めが効かなかったら手術をするしか選択肢がないということです。 これは坐骨神経痛の原因が椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症と主に考えられていますので、これらの原因を取り除くことが症状としての坐骨神経痛を改善させる方法と考えられているからでしょう。 2、ブロック注射をすれば坐骨神経痛が改善するという間違った考え方 坐骨神経痛にブロック注射で改善している人もいますが、ブロック注射はあくまでも痛み止めです。 不思議と効果がある人と、効かない人には全然効かないという話をよく聞きます。 ブロック注射はあくまでの痛み止めです。今出ている痛みを軽減しようというものなので根本的な治療ではない、そのため坐骨神経痛は再発を繰り返します。 腹筋と背筋をトレーニングすれば坐骨神経痛が改善するという間違った考え方 いわゆる腰痛、坐骨神経痛は日頃の運動不足によって、腹筋と背筋が弱くなることが原因と考えられていますが、これは間違いです。 そもそも腹筋と背筋が弱くなったから坐骨神経痛になっているわけではありません。 実際には、スポーツをしている20~40代の方が多くいらっしゃっています。この年代であれば、病気でもなければ特別筋力が低下することはありませんよね? 坐骨神経痛治療に必要なことは、症状を悪化させている原因を明確にして、それを改善するための改善策を実施すること なぜ坐骨神経痛が長引いてしまうのか、症状を悪化させている原因があるからです。これを改善しない限り、痛み止めや注射で良くなったとしてもまた痛くなってしまいますね。 出ている坐骨神経痛の症状はあくまでも結果です。 結果には必ず原因があります。 結果に対して治療をしても、それは対症療法にしかなりません。 原因に対して治療することが根本的な治療です。 まとめ ・坐骨神経痛治療は対症療法か手術というのが整形外科での治療の実際です。これでは治りません。 ・根本的な原因を改善していくことが本当に必要な治療です。

坐骨神経痛は腹筋、背筋では改善しません。 甲府 整体院誠

    • 坐骨神経痛

坐骨神経痛の方が腹筋、背筋すると悪化する可能性もあります 腹筋、背筋、腰痛体操をしても坐骨神経痛は改善しません。そもそも筋力が落ちたから坐骨神経痛が発症している訳ではありません。 坐骨神経痛、腰痛、腰椎椎間板ヘルニアの方が病院で言われることが、 「運動不足も原因です。腹筋、背筋を鍛えて運動しましょう」 ということです。 素直な方は、痛いのを我慢しながら筋トレを実施していますが、何の目的でやるのかも分からないままやっていませんか? ・筋力が落ちたから、筋力を戻すためにやる ・腰が弱いから腹筋、背筋で腰を安定させる ・筋トレすれば姿勢が良くなって、腰に負担がかかりにくくなる のようなイメージで取り組んでいるかもしれません。 しかし、本当に筋力が坐骨神経痛と関係があるのでしょうか? もし、筋力が坐骨神経痛と関わりがあるのであれば、筋力が低下している高齢者は坐骨神経痛を発症する方が相当多いはずですが、そうじゃないですよね? 筋力が強いスポーツ選手は坐骨神経痛とは無縁なのでしょうか?そうじゃないはずです。また椎間板ヘルニアによる、坐骨神経痛は筋力が充実している20〜40代の若い年代に多いのも特徴です。 つまり、筋力と坐骨神経痛は関係がないということです。 腹筋、背筋の筋トレをするということは腹筋、背筋に負荷をかけて筋肉を硬く緊張させるということです。筋肉は緊張すると痛みになります 筋トレなので当然、筋肉に負荷をかけて実施されます。 筋肉は力を入れると硬く緊張します。 ただでさえ、腰やお尻、足の筋肉がこわばるように緊張して痛みがあるのにさらに負荷をかけて硬くしてしまっては、ますます悪化してしまうような感じがしませんか? 筋肉は緊張している状態より、緩んでいる方が楽なはずです。 だから、ストレッチやマッサージ、温めるということで硬くならないように意識しているはずなのに、筋トレで硬くしてしまっては良くならないですよね? 実際にやってみたという方は分かると思いますが、筋トレすると痛み出ませんか? 痛いということはその部位にストレスがかかっているということです。 それ続けてストレスかけ続けたら悪化する一方です。 まとめ ・坐骨神経痛の方が腹筋、背筋の筋トレをするということは、ストレスを減らさなければいけないのに、自分でストレスをかけてしまうということです。

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

施術1回 通常 7,000円

初回限定

2,980円

お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2072 055-209-2072

営業時間 午前9:00〜20:00

山梨甲府整体院

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2072 055-209-2072

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP