山梨甲府整体院

国母駅から車で5分
南甲府署から車で5分

住 所
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

辛い椎間板ヘルニアの症状について知りたい甲府のあなたへ

椎間板ヘルニアの症状は幅広いですが、最も気になる痛みについて解説します

椎間板ヘルニアの症状は腰からお尻、太もも、膝下から足先まで広範囲に発症し、また痛みだけでなく、しびれや様々な症状が発症します。

その中でも最も気になる痛みの症状について解説していきます。

椎間板ヘルニアについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状は大きく分けて二つに分けられます。

1、腰痛

2、坐骨神経痛

坐骨神経痛は椎間板ヘルニアとは別物なんじゃないかと思われている方がいるかもしれませんが、お尻から足にかけて走行している坐骨神経に症状が出るものを坐骨神経痛と言います。

椎間板ヘルニアが病名で坐骨神経痛が症状の名前

インフルエンザによる発熱のような意味合いです。

「椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛」

椎間板ヘルニアによる腰痛

椎間板ヘルニアと診断される方は腰痛も発症するケースが非常に多いです。

この場合も慢性的な腰痛から、ぎっくり腰のように急激に痛みが強くなる方まで痛みの程度には幅があります。

痛みが強いケースで特徴的に見られるのが、

  • 痛くて腰を曲げ伸ばしできない
  • 立ち上がりや歩き始めにズキッとした痛みを感じる
  • 腰を動かした瞬間に痛みが出るので動かさないようにしている
  • 常にコルセットをしていないと心配
  • 体全身に力が入っている
  • 腰を動かさないようにして、全身に力が入っているのでロボットのような硬い動きをいつもしている

経過が長い方は上記のような生活を何年も続けている方もいらっしゃいます。

それでも良くならずに毎日腰を悪化させないように注意しているのですが・・・しかし、その結果良くなっていないということは、常にコルセットをしたり、全身に力を入れて痛みが出ないように腰を動かさないようにしたりしてロボットのような生活をしていても良くならないということですよね?

ここが椎間板ヘルニアと診断された方の腰痛治療のポイントです。

椎間板ヘルニアと診断された方の坐骨神経痛の経過

突然お尻や太もも、ふくらはぎに刺すような痛みを感じる方もいますが、多くの場合はだるさや違和感、重い感じから始まります。

それから徐々に重だるさや違和感が痛みやしびれに変わってきます。

この頻度も初期は毎日出るわけではなく、時々出ているなと感じる程度で、気づいたら痛みやしびれがなくなっているという状態が続き、このまま自然と治ってしまうことも少なくありません。

しかし、この状態が続いていくと、痛みやしびれを感じる頻度が増えてきて、気がつくと、

  • 長時間座っているとだんだんお尻や足が痛くなってくる
  • 立っていると痛くなるので座りたくなる
  • 痛くて5分も続けて歩けない
  • 横になっても痛い
  • 寝返りの度に痛くて目が覚める

このように日常生活にまで支障が出てきてしまいます。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の痛みの特徴

痛みは目に見えないため、本人にしか分からないことではありますが、特徴的な表現があります。

  • 針を刺したような痛み
  • 電気が走るように痛い
  • 締め付けられるような痛み
  • 突っ張るような痛み
  • 鋭い痛み
  • 鈍い痛み
  • ズキズキ痛い
  • 疼くような、違和感
  • 激痛

慢性的な腰痛と比べて、刺すような、鋭い痛みを表現する方が多いです。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の発症する部位

一般的に左右のどちらかの足に症状が出ると言われていますが、両足に出ることも珍しくありません。

症状はお尻から足先全体の方もいれば、お尻だけ、太ももだけという方まで様々です。

椎間板ヘルニアの症状を改善するための治療法

MRIで椎間板ヘルニアと診断されるとヘルニアがあるから痛いんだというイメージができてしまいますが、ヘルニアがあるから痛いとは言い切れないということが近年メディアで多数発表されているのを見たことがある方もいるかもしれません。

ヘルニアと診断されたあなたも思い返して欲しいのですが、その症状は毎日同じような強さ、範囲、頻度で出ていますか?

おそらくその日によって調子の波はあるはずだし、1日の中でも波はあるはずです。

もしヘルニアが神経を圧迫していて坐骨神経痛が出ているのであれば、いつでも一定の症状が出ていないとおかしいと思いませんか?

飛び出しているヘルニアはその日によって飛び出したり、引っ込んだりはしないはずです。

常に神経を圧迫していれば、症状は一定に出ると考えられますよね?

つまり、ヘルニアで症状が出ているということだけでは説明がつかないのです。

では、ヘルニア以外に何が原因として考えられるのか?

「筋肉」です。

このような症状が出ている方に共通しているのが筋肉の緊張と体の使い方です。

筋肉の緊張はその日によって、その時の動作によって変化が出ます。

筋肉が緊張すれば筋肉が神経や血管を圧迫するのでお尻や足に症状が出るのです。

痛くて歩けない時でも、休むと症状が治るのは歩いている時よりも筋肉の緊張が緩むからです。

だから椎間板ヘルニアと診断されても、手術しないで治ってしまうのです。

椎間板ヘルニアと診断されて手術を考えている方はこれまでの自分の症状を思い出して、もう一度この矛盾について考えてみてください。

椎間板ヘルニアについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

  • 腰椎椎間板ヘルニア

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

施術1回 通常 7,000円

初回限定

2,980円

お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2072 055-209-2072

営業時間 午前9:00〜20:00

山梨甲府整体院

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2072 055-209-2072

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP