整体院 誠

平和通りから万才橋を渡って信号を左折します。直進して2~3分で左側に山宮造園の看板が見えたら、その向かいが当院のあるマンションです。

住 所
山梨県甲府市大里町3741-1
センチュリーマンションK101
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

膝の痛みはレントゲンだけでは判断できません 整体院誠

膝の痛みをレントゲンの画像で診断、説明されたあなたへ、本当の痛みの原因はレントゲンには写りません

経過の長い難治性の膝の痛みのほとんどは、関節の変形、軟骨のすり減りが原因として説明されます。

レントゲンを撮って、自分の膝の状態を見ながら

「ここの軟骨がすり減っていて、関節の隙間が狭くなっている。関節もだいぶ変形していますね。だから膝が痛いんです。変形は老化現象です」

と説明をされると

「確かに変形している。だから痛いのは仕方ないのか。」

と納得してしまいますね。

そして、

「手術するほどの変形ではないから、痛み止めとリハビリで様子を見ましょう」

これは遠回しに

「変形してるから痛いんですが、変形を治すには手術するしかないのです。でも今はまだ良い方だから、これ以上悪化させないためにリハビリで筋力をつけたり、体重を落としたりしていきましょう」

と説明しているということですね。

患者様は治したいと思って病院に行っているにも関わらず、老化現象だから治りませんと言われてしまうとショックを受けてしまいますね。

しかも、

「このまま変形が進行すれば手術の可能性も・・・」

とも示唆されてしまっては、良くするための希望が持てなくなってしまいます。

この説明には矛盾があることに気がつきますか?

レントゲンで自分の膝の変形を認識すれば、確かに変形しているし痛くなりそうだと誰でもイメージもできます。

でも本当に変形しているから痛いのでしょうか?

変形しているから痛いという説明の矛盾① 痛みの状態には波がありませんか?

変形しているから痛いのであれば、膝はずっと痛いということであるはずです。

でも、どんなに膝が痛い人でも、毎日同じように痛みのピークが続いているわけではないはずです。

歩きすぎると痛くなるけど、今日はいつもより調子がいいとか、温泉に行くと楽に歩けるようになるというような経験は誰でもありますよね?

これは、歩きすぎると変形が強くなるということ・・・?

温泉に行くと変形が元に戻るということ・・・?

そんなことはないはずです。

矛盾していると思いませんか?

変形しているから痛いという説明の矛盾② 加齢で変形するならなぜすぐに手術しない?

変形しているから痛い、変形は加齢に伴って進行するということであれば、この先も膝は悪くなる一方のはずです。

この先も膝が悪くなると分かっているのであれば、なぜすぐに手術を勧めないのでしょう?

歯医者で虫歯が見つかれば、すぐに治療しましょうとその場で治療を開始するはずです。まだ治療するほどでもないから痛み止めで様子見てとは言わないですよね?

内科的な病気でも早期発見早期治療が原則のはずです。

でも膝の痛みは、変形しているからこのまま放っておくと悪化するのですぐに手術しましょうとはなりません。

今膝が痛いのは変形しているからで、加齢で変形が進行すると分かっているのに放置するというのは矛盾しているとは思いませんか?

変形しているから痛いという矛盾③ リハビリで筋トレ、減量、ストレッチ、温熱・電気治療しても変形は変わらないのになぜ?

変形しているから痛いはずなのに、なぜ筋トレ、減量、ストレッチ、温熱・電気治療をリハビリでやるのでしょう?

仮に筋トレをして膝が治るのであれば、それは変形が原因ではなく筋力低下が原因のはず。

同様に、減量して膝が治るなら変形が原因ではなく、体重が原因のはず。

説明とリハビリとして実施することの方向性がずれていると思いませんか?

膝の痛みは変形が原因ではない。変形してもずっと痛いわけではないことは皆さん経験しているはず

患者様本人も何となくは気がついてるはずです。

「変形はしているが、しばらくすれば痛みは治るだろう」

ということを。

だから、変形しているから痛い、変形は戻らないと説明をされても、

「すぐに手術してください」

とお願いする人はいませんよね?

中年以降になれば、指の節々が変形してきます。

でもずっと痛いかというとそうではないはず。

「最初は痛かったけど、いつの間にか痛くなくなった」

「気がついたら曲がってた」

というケースがほとんどです。

変形しても痛くないということは皆さん経験しているのです。

本当の痛みの原因は筋肉。痛みの状態は筋肉が左右している

変形が痛みの原因ではないなら、本当の痛みの原因は何か?

筋肉です。

筋肉はその時の温度や体の使い方、足にかかる負担によって緊張状態が変化します。

だから痛みの状態には波があるし、温泉に行って筋肉が温まってほぐれると楽になる。

レントゲンに筋肉は写りません。

レントゲンに写る異常だけで人間の痛みの原因を判断することはできません。

まとめ

・膝の関節が変形しているから痛いという説明には矛盾がある。

・変形はしていても痛くない、痛みが治まることは皆さんなんとなくは体験して知っている

・痛みを作り出しているのは筋肉。

・その筋肉に痛みを出させる原因を作っているのは本人の身体の使い方、膝の痛みに対しての理解、認識。

・この原因を改善することが膝の痛みの根本改善。

・だから変形していても、痛みを改善することはできます。

 

  • 膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症)

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

6月末日までの期間限定

施術1回 通常 6,000

初回限定

2,980

毎月、8名様限定のキャンペーンです。
お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2276 055-209-2276

営業時間 午前9:00〜20:00

整体院 誠

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町3741-1
センチュリーマンションK101
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2276 055-209-2276

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP