住 所
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

脊柱管狭窄症とすべり症の違いをご存知ですか? 甲府 整体院誠

脊柱管狭窄症に似た症状である

 

すべり症について解説します

すべり症と脊柱管狭窄症の違い

すべり症は脊柱管狭窄症と症状が似ており、病院ではすべり症の方が重症だと考えられるため、すべり症との説明がされることが多いですが、実際には脊柱管狭窄症を併発しているケースが多いです。

すべり症とは

症状は脊柱管狭窄症とほぼ同じです。

・腰の重だるさ

・立っている時、歩いている時の足のしびれ、痛み

すべり症は上の図のように背骨の骨が前にずれてしまう状態です。

そのため、背骨が不安定になるのを支えようと、背骨の靭帯にストレスがかかる結果、脊柱管狭窄症の状態と同じ靭帯の肥厚が起こるということです。

このように脊柱管狭窄症と同じ状態になるために、症状も同じようになります。

ただし、すべり症の方が症状に特有のものがあります。

例えば、立っている時には背骨が不安定なため、抜けるような痛さや脱力感が出やすくなります。

また立っている時よりも、横になった時の方がすべり症の方の背骨は不安定になります。

なので、すべり症の方は横になった際の痛み、しびれ、寝返り時の痛みが出やすく、眠れないほどの夜間痛が出ることがあります。

すべり症の治療方針

すべり症の状態を改善しようとするのではなく、すべり症になってしまった原因を改善していきます。

すべり症という状態は結果です。

結果が出るためには原因が必ずあります。

この原因を改善しないで、結果であるすべり症の状態だけを改善しようとするのは対症療法でしかありません。

なぜ、すべり症になってしまうのか?原因はこれ

・姿勢

・体の使い方

・生活習慣

これを改善していくことが、結果的にすべり症の症状を改善していきます。

まとめ

・脊柱管狭窄症もすべり症も症状は似ているが、すべり症には特有の症状がある

・背骨の変形を改善することよりも、変形をさせてしまった原因を改善していくこと

  • 脊柱管狭窄症

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

施術1回 通常 6,000

初回限定

2,980

お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2072 055-209-2072

営業時間 午前9:00〜20:00

山梨甲府整体院

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町1876-1 ドリームハウス3 103
ドリームハウス3 103
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2072 055-209-2072

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP