整体院 誠

平和通りから万才橋を渡って信号を左折します。直進して2~3分で左側に山宮造園の看板が見えたら、その向かいが当院のあるマンションです。

住 所
山梨県甲府市大里町3741-1
センチュリーマンションK101
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

股関節が痛くなる原因②股関節に負担をかける身体の使い方

「股関節が変形しているから痛い」

「関節の隙間がなくなちゃってるから痛い」

このように考えてしまいますが、股関節は変形しても、隙間が狭くなっても、それで痛いということはありません。

変形性股関節症との診断を受けても、痛くない時ありませんか?
この時だって、変形したままですよね?
変形してても痛くないということは、痛みとは関係ないということですね。

本当の痛みの原因は股関節に負担をかける身体の使い方です。

股関節に痛みを引き起こす身体の使い方について、解説していきます。

この記事は、股関節が痛くて悩んでいる方で、痛みの本当の原因について知りたいという方のために書きました。

股関節に負担をかける身体の使い方とは?

歩くと痛い、股関節を動かすと痛い、足に体重が乗ると痛い、足を上げると痛い・・・
このように股関節に痛みを感じると、足を動かすと痛い、体重が乗ると痛いという症状が出てきます。

「動かすと痛いから、動かせない」
「体重を乗せると痛いから乗せられない」

つまり「痛いから動かしたくない」状態になってしまいます。これは、歩くことで考えると、[足をできるだけ動かさないで、体重を乗せないようにする歩き方]という、足を引きずるような歩き方です。
痛いからこうなってしまいますが、この歩き方自体は楽な歩き方ですか?
むしろ身体に負担になる歩き方だとは思いませんか?
この無理な身体の使い方が、股関節に負担をかけてしまいます。

股関節に負担をかける身体の使い方になってしまう理由

股関節が痛いから、身体は本能的に股関節を守ろうとしてこのような歩き方をしてしまうということと、この方が痛みが鈍くなるような感じがするからこうしてしまいます。しかし、

・動かすと痛いから動かさない
・体重が乗ると痛いから体重を乗せない

痛みを出さないようにするための行動ですが、これを続けたらどうなるか?

・動かさないから、動かせなくなる
・体重を乗せないようにするから、体重を乗せられなくなる

ますます悪化していってしまいます。

股関節に負担をかけない身体の使い方とは?

自然で無理のない身体の使い方。

引きずった歩き方ではなく、普通の歩き方。

「痛いから普通には歩けない」

「痛いからこうなっちゃう」

その「股関節を動かさないようにする行動」が股関節をさらに硬くさせてしまうということだと分かっても、その行動を続けますか?

股関節の痛みを改善して、可動域を狭くさせないためにも、どっちの方向性に進んでいった方がいいのか。

このサポートをするのが当院の役割です。

  • 股関節痛(臼蓋形成不全、変形性股関節症)

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

6月末日までの期間限定

施術1回 通常 6,000

初回限定

2,980

毎月、8名様限定のキャンペーンです。
お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2276 055-209-2276

営業時間 午前9:00〜20:00

整体院 誠

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町3741-1
センチュリーマンションK101
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2276 055-209-2276

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP