整体院 誠

平和通りから万才橋を渡って信号を左折します。直進して2~3分で左側に山宮造園の看板が見えたら、その向かいが当院のあるマンションです。

住 所
山梨県甲府市大里町3741-1
センチュリーマンションK101
営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

痛いから動かさない・・・だから良くならない

「前屈みになると腰が痛いし、腰に負担がかかりそうだから前屈みにならないように気をつけています」

「歩くと膝が痛いから、歩くことを控えています」

「足を上げると股関節が痛いから、上げないように注意して動かしています」

身体のどこが痛くなっても、誰もが同じ行動をするようになります。

それが、

【動かすと痛いから、動かさないようにすること】

病院でも指導されるのが、

・痛い時には動かさないで安静にする
・コルセットやサポーターで固定して痛みが出にくくする
・痛みが取れてきたら少しずつ動かすようにしていく

ということなので、

【痛かったら動かさない】

これは常識的な処置となっています。

もちろん、これで良くなることもあります。

しかし、このようにしても良くならない場合にこれを続けてしまうと、悪化の方向に進んでいってしまいます。

・前屈みになると腰が痛いから前屈みにならないようにする・・・これを続けるとどうなるか→前屈みができない腰になってしまいます

・歩くと膝が痛いから歩かないようにする・・・これを続けるとどうなるか→歩けない足になってしまいます

・足を上げると痛いから足を上げないようにする・・・これを続けるとどうなるか→足が上げられなくなってしまいます

身体は動かすことによって動かせるようにできています。
だから、痛くない時には体操したり、ウォーキングしたり、ジムに行ったり、そこまでしなくても、手足を動かしたり、ストレッチしたりして、できるだけ身体を動かすようにしていたはずです。

しかし、痛くなると誰もが

「負担がかかって痛くなりそうだから、動かさないようにしてしまう」

動かさなくなるから、筋肉や関節が硬くなる。その結果、動かせなくなってしまいます。

つまり、症状が進行して自由に動かせなくなるのは、

痛いからではなく、動かさなくなった結果、二次的な症状として動かせなくなるということなんです。

だったら、痛くても動かした方がいいですよね。

骨折、捻挫、打撲のいわゆるケガは別です。ケガでは急性期では安静が必要です。

しかし、何年も続いているような慢性的な痛みはケガじゃありません。

ケガじゃないんだから、動かす。

動かすことで筋肉が柔らかくなるし、血流は良くなります。

「痛みが取れてから動かします」

このように考えている方もいると思いますが・・・

痛みが取れるのを待っていたら、いつになるか分かりません。そうじゃなく、痛みを取るために動かす。

 

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

7月末日までの期間限定

施術1回 通常 6,000

初回限定

2,980

毎月、8名様限定のキャンペーンです。
お電話の場合は「初めてですが予約をお願いします」とお伝えください。

完全
予約制

本気で治したい方だけ

お電話でご予約の際は「初めてですが予約をお願いします」と、お伝えください。

055-209-2276 055-209-2276

営業時間 午前9:00〜20:00

整体院 誠

住所
〒 400-0053
山梨県甲府市大里町3741-1
センチュリーマンションK101
アクセス
国道358号線、南甲府署より車で5分
国母駅(駅から2km)
甲斐住吉駅(駅から2.3km)
代表者
渡辺誠二
電話番号
055-209-2276 055-209-2276

営業時間
9:00〜20:00

受付時間:19:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP